So-net無料ブログ作成

覚せい剤譲渡で無罪=相手の供述「信用できず」−岐阜地裁

 覚せい剤を譲り渡したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた岐阜市の会社員男性(47)の判決公判が16日、岐阜地裁であり、田辺三保子裁判長は無罪(求刑懲役2年、罰金20万円)を言い渡した。 田辺裁判長は、譲り受けたとされる女性の供述に関し「記憶は混乱・減退しており、信用できない」と判断。その上で、男性について「密売への関与は疑われるが、責任を負うと認めることもできない」と述べた。 男性は、2008年4月に岐阜市の路上に止めた車内で、女性に覚せい剤0.4グラムを代金2万円で譲り渡したとして、同年10月に起訴された。男性は公判で「譲り渡していない」と無罪を主張していた。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。